オナニーならもう少し頑張れるのに

早漏で悩んでいた自分が不思議に感じていたのが、

 

オナニーならもう少し持続出来るのに、セックスだとすぐにイってしまうという事でした。

 

週末の夜は彼女と過ごしてセックスをしますが、それ以外の日にももちろんオナニーを週に2、3回はしています。
オナニーと違ってセックスではイキそうだからとピストンを止めてしまうわけにもいきませんよね。だから自分は早漏を何とかするためにオナニーの時もイキそうになったからとペニスをしごくのを止めてはいけないと考えてしました。そうすれば少しは射精をせずに耐える事が出来るようにならないかと漠然と考えていたのです。

 

しかしどうにもセックスの時はオナニーほど持続は出来ませんでした。

 

スパーキー佐藤の刺激対策の効果

スパーキー佐藤の早漏対策法の動画を見て、まずは早速刺激対策を実践してみました。
ペニスを刺激に対して強くするためのトレーニング⇒スパーキー佐藤式の刺激対策のオナニー

 

 

普段のオナニーのやり方を、この動画で紹介されたトレーニング法に変えてみました。普段のオナニーとは違う快感に自分でもビックリしてしまうくらいにあっけなく射精をしてしまいました。人生の中でもう数え切れないくらい沢山の回数のオナニーをしていますが、今さらオナニーでこんなにもあっけなくイってしまう事があるなんて・・・。

 

そんなオナニーのやり方を続けて1ヶ月くらいが経った時、セックスで明らかな変化を感じました。すぐにイキそうにならない。
今までと違うやり方でオナニーをするようにして1ヶ月で、自分のペニスは刺激に対して強くなったのです。

 

これは驚くべき事です。
だって今まで数え切れないくらいにたくさん、ごく日常的にオナニーをしてきた。しかしセックスではあっという間に射精してしまう。
しかしオナニーのやり方を変えて1ヶ月でセックスで射精しそうになるまでが長くなったのです。

もしこの方法をもっと早く知っていたなら・・・・

この刺激対策のやり方をもっと早く知りたかった。
もし自分が今までにやってきた数え切れない回数のオナニーが全部このやり方だったなら、きっと彼女が出来た時点ですでにセックスで持続出来る男になっていたでしょう。

 

エッチなものをオカズに、勃起したペニスを右手で上下にシゴく。
これが一般的なオナニーのやり方ですよね。でもこのスパーキー佐藤式みたいなペニスの刺激のやり方は、たぶん多くの男性はやっていないと思います。
もしこのオナニーのやり方が一般的になったら、きっと早漏で悩む人はいなくなるでしょうね。